褒め屋になって見えてきた世界

2018年2月に始めた褒め屋、今日までの10か月間で約30名の方が利用してくれました。

褒め屋に興味を持ってくれたこと、「利用しよう」と考えてくれた皆様に、本当に感謝です。

「褒め屋」として活動してきた10か月間で、私と関わってくださった方々から学んだことは多く、人の「生き方」や「在り方」について考えるきっかけをいただきました。

 

特に大きなテーマとして感じたのが「見えづらい生きにくさ」の存在です。

この「生きづらさ」は具体的に2つあります。

1つ目は、「自己肯定感の低さ」です。

面談の際、お話を伺っていると実際には日々沢山のことを頑張っているのに、人によっては本人のキャパを超えるほどの働きや思考をしているのに、ご本人の主観で見ると「なんでこんなに頑張れないんだろう」とか「何もできていない」という極端な感覚になってしまう。

その結果、「自分を好きになれない」とか「自分が生きている価値が見いだせない」という悩みをお持ちになっていました。

「なぜ自己肯定感が低いのか、なぜ自分の頑張りや努力、持っている魅力に目が向かないのか」を私なりに考えたところ、自己肯定感の低い利用者さんにいくつかの共通点が見つかりました。

それは「親子関係において悩みがある・壁を感じている」ことや「真面目で責任感が強く、完ぺき主義な傾向がある」ことです。

このどちらか一つでも当てはまる方は、自己肯定感が低く、悩みを抱えていらっしゃいました。

親子関係の悩んでいるという方は親に褒められた記憶がない・少ないという方が多く、ご自身や親御さんに対してあまり良いイメージを持っていませんでした。

幼いときは親に対して言いたいことが言えなかったとか、秘密にしていることが沢山ある、などというお話も聞きました。

幼少期、自分の頑張りを褒めてもらえなかった、認めてもらえなかったという記憶・経験や甘えたいときに甘えられなかったことで、自分自身を肯定的に見るよりも否定的に捉えてしまう傾向になったのではないかなあと感じました。

そんな、「自分を好きになれない」や「自分の長所がわからない」という悩みをお持ちの方こそ、ぜひ褒め屋を受けていただきたいです。

 

そして2つ目に、「精神疾患」や「発達障がい」と言われるものです。

褒め屋を始めて3ヶ月ほどしたときから、褒め屋を利用してくださる方で「精神疾患」や「発達障がい」などを抱えている方の割合が増えていきました。

私自身、「精神疾患」や「発達障がい」などについて全く知識がなく、面談で当事者の方のお話を聞いて学ばせていただきました。

当事者の方のお話を聞いて感じた、症状などのその疾患・障がいの特徴から生まれる「生きづらさ」と、理解よりも差別に走った人から投げられる心ない声、日々感じる「生きづらさ」、「孤独感」。

当事者の方の家族や友人といった身近な人でさえ、「そんなの自分に甘いからだ」「元気そうだし、さっさと治しなよ」などと言われることも多いと聞きました。

しかし、疾患の特徴や解明されているものの原因を知れば知るほど、当事者の「生きるのがつらい」という声がネットで言われる「ただの甘え」なんてものではないことは、知識不足ながらも容易に理解できました。

それと同時に、「私自身がもっと知り、そしてその声を私と同じようにまだ知らない人たちや、同じ当事者の方たちへ届ける必要がある」と感じました。

そうして始めたのが「精神疾患の勉強会キャス」です。

精神疾患や精神障がいなどを抱えた当事者の方や、それらについて勉強されている方をゲストにお呼びし、キャスを通じてリスナーさんと一緒に理解を深める、話し合うという企画です。

2018年10月から始まったこの「精神疾患の勉強会キャス」では、うつ病や双極性障害、起立性調節障害、ADHDなどについてお話を聞きました。

キャスを通して「精神疾患」などは誰もがなり得るものであることを知りました。

特に「自分に厳しい人」や「根性があると言われる人」、「責任感の強い人」ほどなりやすいのかなと個人的には思います。

 

そしてここでお伝えしたいのが、そうした傾向をお持ちの方々に関係があると言われている「危険性」です。

警察庁の統計によると、2017年の一年間で「うつ病」を含む「精神疾患」や「身体の障害」の悩みから自殺した人は約7000人と言われています。
(参考:警察庁公式ホームページ「年別自殺者数」)

 

それほどに、生きづらさは私たちが考えているより大きいということです。

だからこそ援助や助け合い、そして精神疾患・自殺予防が必要なんだと思います。

ネットで沢山の人と繋がりやすくなった時代、できることはたくさんあります。

どうか、「他人事」ではなく「自分事」として知ろうとしてほしい。

特に、身近に当事者の方がいない人こそ聞きに来てもらえたら嬉しいです。

 

そして、2018年の「精神疾患の勉強会キャス」に出演・参加してくださった皆さん、本当にありがとうございます。

この活動は来年も引き続き継続していきます。

ゲスト出演してくださる方を随時募集中です。お気軽にご連絡ください。

また、一緒に理解を深めてくれるリスナーさんのご参加もお待ちしております。

随時告知をしていくのでチェックしてもらえたらと思います。

 

◎前回のキャス内容をまとめたレポートはこちら↓
過去記事:「精神疾患の勉強会キャスレポート(ゲスト:木村さん)」

 

 

以上の2つが、褒め屋を通して感じた「生きづらさ」です。

褒め屋に興味を持ってくださった方や「お話ししてみたい!」という方は、TwitterのDMにご連絡ください。

誠意をもって対応させていただきます。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

◎褒め屋Twitter  @arhonoka

◎「褒め屋」の活動について↓
過去記事:「褒め屋の活動紹介」

褒め屋を始めた理由②

※この記事は前回の記事の続きです。
先にこちらの記事を読んでみて下さい↓

「褒め屋を始めた理由①」

 

「就活」、当事者にとって人生を振り返る一つの分岐点にもなり得ることも多い。

履歴書を前にして感じる、自分の無力さ、ちっぽけさ。

そこから波を打つように襲ってくる劣等感、焦り、不安、恐怖。

「自分はなんで生きてるんだろう」と考えたり。

ニュースで謳われる「売り手市場」という言葉とは正反対に、企業もできるだけ「優秀な人材」をとろうと必死だ。

 

現に、警察庁のデータによると2017年に「就業失敗」が原因で自殺した10~20代は72人。
前年の2016年は81人だった。増加はしていないものの、依然として就活がきっかけで自殺を選ぶ若者がいることは変わらない事実。
(参考:「平成29年における自殺の状況」)

 

そもそも日本は「自殺大国」で有名な国。
最新の統計情報としては警察庁から出ているデータで2018年の1月から11月の間に自殺した人は約二万人だそう。
(参考:「平成30年の月別自殺者数について)

 

 

大学受験を終えて授業にサークル、バイト、留学であっという間に終わる二年間。
就活が近づき参加してみる、インターンや企業説明会。
大学在学中、先輩たちの「こんなはずじゃなかった」という声を沢山聞きました。

前回の記事で話しましたが、就活生の先輩から受けた相談で「人の長所や魅力を見つけることが得意」という自分のできることに気づかされました。
そこから「日本の自殺者の多さ」や「就活自殺」の現状を見て、「自分に何ができるか」を考えました。

そうして2018年2月にはじめたのが「褒め屋」です。

 

面談と称した90分という時間の中で、自分について改めて考えてもらう。
主観的な「自分」は、直したいところや嫌なところばかり見えてしまうかもしれない。
そんなときこそ、客観的な自分に目を向けてみてほしい。
特に、自分が「できて当たり前」と感じる部分や「たいしたことない」と考えている意識の部分。

面談ではいくつかの質問を通して「人生の振り返り」をしてもらいます。
そこから私は「その人の軸」や「核となる部分」を深堀りして、後日その結果を「フィードバック」としてPDFでお渡しします。

「褒め屋」という名前なら、悩んでいる中でも比較的気軽に利用してもらえるかなと思い、この名前にしました。

 

と、今回は「褒め屋を始めたきっかけ」についてお話しました。
今回のこの記事で、少しでも褒め屋に興味をもってもらえたら嬉しいです。
客観的な「自分の強み・魅力」を知りたい方、誰かと一緒に「自分」について考えてみたい方、純粋に興味を持ってくださった方は私のTwitter4のDMにご連絡いただければと思います。

 

 

◎褒め屋のお申込み、お問い合わせは

facebook
・Messenger

・twitter:ほのか@褒め屋(@arhonoka)のDM

 

からお気軽にどうぞ!

褒め屋の詳細はこちら

◎「褒め屋」の活動紹介記事

褒め屋を始めた理由①

※この「褒め屋を始めた理由」の記事は二部構成です。

 

褒め屋をはじめたきっかけは、大学の先輩の就活相談。

「自分の強みがわからない。普段自分と関わっている人からの意見が欲しい」と言われ、先輩の普段の人との接し方や言葉から感じていたことを紙いっぱいに書いて渡したのが、一番最初の始まりでした。

相談してきたとき、先輩にいつもの明るさはなく、ただただ不安そうな表情でした。

「人からの目線」を意識するきっかけとなった就活で、いろいろなことを考えたんだと思います。

自分の強み、長所、魅力ってなんだろう。

自分が入社したい会社・業界にとって自分はどう役に立つと言えるんだろう

自分は社会に必要な人間だと胸を張って言えるんだろうか

そもそも生きている意味ってなんだろう

 

先輩は、就活をする前から「生き方」についてずっと考えていたみたいです。

でも、結局自分が知りたい答えは出なかった。

周りの人に認められて、高く評価されて、自分でも誇れる「なにか」を探しているうちに、「そんなもの自分にないんじゃないか」と感じ始めていた。

話していくうちに、感情はどんどん高まり、今まで胸の中にため込んでいた不安や葛藤、恐怖心がぶわっと流れ出た。

ずっと誰にも言えなかった。

ただただ平気なふりをして、大学では陽気に振る舞い、みんなを楽しませることに集中していた。自分の悩む姿を見せないよう、友達といるときは悩まなくて済むよう、考えないようにしていた。

でもそれも限界が来ていた。

検索して出てきた自己分析ツールを使っても、結果はいまいちピンとこない。

普段の自分を知らない上に、設定されただけの診断は特別信じられるものではなかった。

そんな不安や葛藤を差し置いて、大学では「就活講座」で不安をより一層煽られる日々。

 

一方私は、よく先輩や同級生、後輩から相談を持ちかけられたり、「話を聞いてほしい」と言われることが多い人間でした。

もとよりその先輩とも同じサークルでよく話すことがあり、たまに深い話ができる仲でもありました。

そんな就活に悩んでいた先輩からの相談は、私自身もいろいろ考えるきっかけをもらった出来事でした。

 

※「褒め屋を始めた理由②」に続きます。

 

◎褒め屋のお申込み、お問い合わせは

facebook
・Messenger

・twitter:ほのか@褒め屋(@arhonoka)

からお気軽にどうぞ!

褒め屋の詳細はこちら

 

 

褒め屋レビュー:22歳女性

22歳女性の方からいただいた、褒め屋の感想です。

 

①面談やフィードバックの中で、印象に残った言葉はありますか。

「心から愛おしく思ってもらえる人」という言葉が印象的でした。

 

②どんな人に「褒め屋」を紹介したいですか。

親友です。

 

③今回の率直な感想を教えてください。

フィードバック、ありがとうございました。

沢山褒められて幸せでした!

これからは自分の強みを生かして生きていきたいです(o^^o)

 

褒め屋より:面談を通して、しなやかなパワフルさと優しさの持ち主なんだなあと感じました。

お話を聞く中で私自身とても元気をもらいました!褒め屋を受けてくださり、ありがとうございました!

 

◎褒め屋のお申込み、お問い合わせは

facebook
・Messenger

・twitter:ほのか@褒め屋(@arhonoka)

からお気軽にどうぞ!

褒め屋の詳細はこちら