9/1 シゴトノキメカタvol.1 イベントレポ(3) 

イベントレポ(3)では、当日参加してくれたイラストライターのしーちゃん(@c_gotta2)によるイベントレポを公開!

※この記事は前回「9/1 シゴトノキメカタ イベントレポ(2)」の続きです

まだ読まれていない方はこちらからお読みください

 

それでは早速、本編をどうぞ!!

 

 

 

 

「どう働くかは、どう生きるかだ」

人生の大半を占める「仕事」の時間をより充実させるために、一緒に「シゴトノキメカタ」を考えてみませんか?

<次回予告>
12/1 14:00~17:00 @新宿

お申込みはこちらから

9/1 シゴトノキメカタvol.1 イベントレポ(2)

※この記事は「9/1 シゴトノキメカタvol.1 イベントレポ(1)の続きです。

まだお読みでない方はイベントレポ(1)からどうぞ!

▷前回の記事はこちら

 

「自分で決める」ために、いまできること。

 

菅沢:よく相談される悩みで言われるんですが、

「やりたいことがない」で悩む人。

そういう相談が来ると、「それを考えるよりもいま自分が当たり前にできていることを数えたほうが早いよ」って僕は答えてるんですよね

無意識でもできることって、やっていて本人がストレスなくできることだから、そこにその人の強みが隠されていたりする。

 


似ている悩みで、「自分らしさってなに?」とわからなくなる人。

そういった悩みを持ってる人って、自分ではなく理想(の自分)を見ている

ことが多い傾向にあると思うんですね。

理想の自分と現実の自分のギャップに悩んだら、まずは自分自身が、

等身大の自分を受け入れることが優先。

 

頭で考えてる自分と、現場の自分に開きがあると

理想とする自分を現実の自分に追い求めてしまうので心が窮屈になる。

例えば工事現場。現場と会社から指示してる人の考えに開きがあると、

現場からも「こっちはもう手いっぱいだよ!」と

オフィス側からも「もっとできるだろ!」って不満が出て、

自分が板挟みになる。

 

なのでそういうときは間に仲介役の自分をもう一人置くと、

どっちの気持ちもわかってくれる存在になるんです。

まずは「(完璧には)できなくてもいい」と自分を許す、認めること

必要になってくるんじゃないかと。

理想の部分を自分に要求する、ハードルを高くして身動きが

取れなくなってる人って意外と多いんじゃないかなあ。

 

大倉:うんうん、私はそれを「自分の主成分を知る」って捉えているんですが、

「自分らしさ」って何だろう?って問いに対しての答えが出たときって

自分の主成分を知ることができたときだと。

自分はこれがあったら大丈夫

と思えるものを持っている人は違うなあと思います。

 

菅沢:世の中には金銭的に裕福な人でも、

精神的に病んで過労死しちゃうひともいるんですよね。

だからこそ自分の気持ちをちゃんと聞いてあげないと、と思うなあ。

 

昌子さん:おっしゃる通りで、数字・成果は名誉や地位のように世間一般でいう幸福度としてはわかりやすいけど、自分のやりたいことは案外違うものだったりすると思うんですよね。

なのでもう一つの観点として、

自分のやりたいことができる環境も大切だと思うんです。

最近は多様性といいながらまだまだ日常生活で

「~なのに」と言われたりすることって多くて。

例えば、女性なのにとか、まだ若いのに、とか。

そういった声によって若い目が摘まれることもあるんですよね。

 

 

いじめから学んだこと

 

菅沢:僕の話をすると、小さい頃にいじめれらたことがあって、すごく悩んだんですね。

「なんで僕はいじめられるんだ」って2、3年年考えて。

当時のことを後で母に聞いたら、頭にはげができたりしていたと聞いたんだけど。笑

そうやって考え続けていったとき、ふと発想を変えて考えたら

「ぼくのことならいじめても大丈夫」と考えているのかもと思ったんです。

考えてみたら、当時自分の好きなことを好きなようにやっていたらいじめが起きて。

 

きっと周りの子は自由奔放にやっている僕を見て、内心羨ましく感じていたのかも。

つまりみんなはどこかでもっと自由になりたくて、だけど葛藤があったりして強くはなれなくて

みんなから見たら好き勝手やってる僕は強く見えるのかもって。

とおもったら途端にみんなのことが可愛くみえてきちゃって。笑

 

大倉:ええーーーー!笑 すごい発想。なかなかないできないですよ、それ。

菅沢:そこで少し悟りを開いたみたいな感覚がありましたね。笑

 

親の介護、発想の転換

菅沢:小さいときから両親は僕のことをそのままでいいと言ってくれていたんですね。

だから当時も、僕の様子を察して「なにかあったら助けるからいつでも言いなね」とだけ言ってくれた。

そのままの自分を肯定してくれたっていう経験というか、安心感は僕にとって大きかったと思います。

そんな両親に育ててもらったから、僕は父親が倒れたときは

親に対して、僕は他の人よりもはやく恩返しができるぞって思って。

「いま仕事ができない分、別のこれができる」って考えがここでは重要で。

父親が倒れてくれたおかげで、僕は介護ができる、それは僕の幸せだって、

逆の発想をすることにしたんです。

今回のテーマでもあるけど、最終的には「自分で」決めるっていう芯を持つことが大切で。

まずは自分が執着しているものってなにかな?って考えてみるといい

人間って執着を全部なくすと「人間味」がなくなるんです。

今持っている色んな執着やこだわりを捨てていったとき、「自分には絶対これが必要だ」と思えるものが出てきたとき、それがその人らしさになる。

 

昌子さん:例えば、自己啓発の本があんなに沢山出ていて

なぜまだ幸せになれない人がいるんだ?と不思議に思うんです。

結局は内容ではなく本人の捉え方、自分で決めているかどうかで、

人の考えを参考にして、最終的にどうありたいかを自分で決めてるかどうか

だと思うんですよね。

 

大倉昌子の主成分

昌子さん:私自身、そのときそのときでベストを尽くしてきたとは思うんですが、

やるかやらないかの判断基準は「面白いかどうか」

そういう小さな意識でも自分の主成分になるんです。

そしてそういった主成分を、他の誰かが探し求めてるかもしれなくて

そこにお金が生まれるかどうかは重要じゃなくて、

お金が生まれなくても、一生のパートナーが見つかったり、

情熱が湧き出る仕事が見つかったり、

「私が生きていていい」と感じる居場所が見つかったりすると思います。

菅沢:自分が面白いと思ったものって、自分の琴線に触れてるって

ことだから、必ず何かしらの魅力があるよね。

僕にとっても、面白いかどうかは重要だなあ。

 

きっかけはお菓子作り教室

 

昌子さん:専業主婦時代、お家でお菓子つくりを教える教室に

たまたま参加したことがあって。

5枚3000円で、どうつくるかをレクチャーされるんですね。

そのとき、ふと「私でもできるかも」と思ったんです。

頭の中で自分がその講師側に立っている姿を描いちゃったら、

もう始めるしかないって考えになって。

教室が終わった後にどうしたら講師になれるか方法を聞いて、

すぐ始めましたね。

趣味ではなく、あくまで仕事になるように目標決めてやっていきました。

会社員時代に培った知識、経験を活かしたやり方で進めていったとき、

自然と他の講師さんたちと差別化できたんです。

それまで「こうしないとうまくいかないよ」とか色々言われてジャッジされたけど、

いくところまでいったら周りは何も言わなくなって。笑

菅沢:すげえ、わかる~笑

 

大倉:一方的にジャッジされるのが悔しいからこそ、

その分圧倒的に成功する計画を立てたということもあって。

 

ひとつのことをやりきると、自然と次が見えてくるんだって学びましたね。

「うまくいかないかも」でやめる人もいるけど、「上手くいくかも」ってやる人もいる

結局どこに力点を置くかで行動は選べるんです。

 

2人の会話はテンポよく展開されながらも内容が濃ゆいので、

参加者さんは各々で考えながら

ときに笑い、驚きの声が上がっていました!

自由な空間で二人が繰り広げる対話に、

メモをする人、写真を撮る人、うなずく人。

時間を忘れて楽しむ人たちがそこにはいました。

 

(3)に続く_

褒め屋レビュー:22歳女性

22歳女性の方からいただいた、褒め屋の感想です。

 

①面談やフィードバックの中で、印象に残った言葉はありますか。

「心から愛おしく思ってもらえる人」という言葉が印象的でした。

 

②どんな人に「褒め屋」を紹介したいですか。

親友です。

 

③今回の率直な感想を教えてください。

フィードバック、ありがとうございました。

沢山褒められて幸せでした!

これからは自分の強みを生かして生きていきたいです(o^^o)

 

褒め屋より:面談を通して、しなやかなパワフルさと優しさの持ち主なんだなあと感じました。

お話を聞く中で私自身とても元気をもらいました!褒め屋を受けてくださり、ありがとうございました!

 

◎褒め屋のお申込み、お問い合わせは

facebook
・Messenger

・twitter:ほのか@褒め屋(@arhonoka)

からお気軽にどうぞ!

褒め屋の詳細はこちら

褒め屋レビュー:34歳男性

34歳男性の方からいただいた、褒め屋の感想です。

 

①面談やフィードバックの中で、印象に残った言葉はありますか。

「人たらし」な 一面もあると思います。っていうのが意外でした。これから人気が出るのかな?と思えてうれしかったです。(笑)

 

②どんな人に「褒め屋」を紹介したいですか。

どんな人にでも紹介したいです。

 

③今回の率直な感想を教えてください。

やっぱり褒めるプロは違うな~と思いました。完璧にほめちぎっているところがすごいです。自信をもってどんどんやってほしいです。ありがとうございました。

 

褒め屋より:穏やかな人柄で、かつ心の奥には情熱があるように感じました。

個人的には、これから人気出る(信用と注目が集まる)と思います!!

これからが楽しみですね♪

 

 

◎褒め屋のお申込み、お問い合わせは

facebook
・Messenger

・twitter:ほのか@褒め屋(@arhonoka)

からお気軽にどうぞ!

褒め屋の詳細はこちら↓

褒め屋の記事「褒め屋の流れに関して」

褒め屋レビュー:24歳女性

24歳女性の方からいただいた、褒め屋の感想です。

 

①面談やフィードバックの中で、印象に残った言葉はありますか。

頼ることは相手にも役割を与えていること、そして頼る時は自分が頼られている時の気持ちを想像してみること 

 

②どんな人に「褒め屋」を紹介したいですか。

自分がどんな人かあまり理解出来ていない人や、自己肯定感が低い人におすすめしたいです。

 

③今回の率直な感想を教えてください。

面談をする前は緊張しましたが、ほんわかした雰囲気の中フレンドリーに対応して頂けて安心しました!

また、フィードバックに書かれていることは徐々に自分でも気づけるようになってきた部分でもありますし、それでいいと思っている点でもあるので、伸ばしながら抜くとこは抜くっていうスタイルを形成していけたらなって思いました!

ありがとうございます!

 

褒め屋より冷静に先を見ながら、前向きな姿勢で日々を楽しんでいる姿が印象的でした!

また、愛情深い性格と責任感の強さから、「他者にやさしく、自分に厳しい」傾向があるなあと感じました。

自分自身の弱いなあと感じる部分も、「自分」という人間の立派な一部なので、大切にしていただきたいと思います。

ありがとうございました!

 

 

◎褒め屋のお申込み、お問い合わせは

facebook
・Messenger

・twitter:ほのか@褒め屋(@arhonoka)

からお気軽にどうぞ!

褒め屋の詳細はこちら↓

褒め屋の記事「褒め屋のメニュー表」

褒め屋レビュー:19歳学生さん

19歳学生さんの声

 

【面談やフィードバックの中で印象に残った言葉はありますか?】

印象に残った言葉は『幼い頃から頑張ってきた自分に「辛かったね、本当によく頑張った。」と言ってあげてください。』です。

「頑張ってきた」という自覚はあまりなかったけど、この言葉を受けて、肩の荷が下りたような感覚がありました。

 

【どんな人に褒め屋を紹介したいですか?】
漠然と不安を抱えている人
悩みすぎて動けなくなる人
自分を見失いそうな人
前に進みたい人

相談したいけど、誰に相談したらいいかわからないし、何を相談したらいいのかもわからなくなってしまいそうな人

褒め屋さんは自己理解の助けになるので、考えがまとまるキッカケになるかも。

悩みすぎる前に、ぜひ褒め屋に訪れてみてください。

 

【今回の率直な感想を教えてください。】

カウンセラーより、ラフな感じでした。
じゃあ、ただの雑談だったのかというとそうではなく、会話の中で、自分が何に辛さを感じているのか理解し、一歩前に進めるような価値観を紹介してくれたと思います。
フィードバックも丁寧で、自分では意識しないような自分の一面に気がつくことが出来ました。

とにかく、素直に楽しかったです。
とても話しやすかった!

 

【最後に、よろしければ私(褒め屋)の長所を教えて下さい!笑】
ただ、出来事に対して褒めて「偉いね」というのではなく、
その人の過ごした時間全体を捉えた上で、考え方、行動したことに対して、的確に評価できる。
これだけちゃんと観察して伝えられる能力は素晴らしいです!

 

褒め屋より:自分に対してとてもストイックな一面があるので、できたことよりできなかったことに目を向けやすいことをご自身で把握しておくと心が軽くなると思います。
今日頑張ったこと、今頑張っていることを意識して、定期的に自分へのご褒美をあげてくださいね!

________________________________________________________________________

◎褒め屋(またはカウンセリング)のお申込み、お問い合わせは

facebook 
・Messenger

・twitter:ほのか@褒め屋(@arhonoka)

からお気軽にどうぞ!

 

◎褒め屋について知りたい方↓

褒め屋の説明書

 

褒め屋レビュー:25歳会社員さん

【面談の中で印象に残った言葉などはありますか?】

会話してるときに、言い換えていろんな角度から見るのが上手と言ってもらえたのはすごく記憶に残ってます

ふとした瞬間にほめてくれるのが嬉しかった

 

【どんな人に褒め屋を紹介したいですか?】

おしゃべりして癒されたい人におすすめです

 

【今回の率直な感想を教えてください。】

話していてとても楽しかったです!

ほのかさんがすごく聞き上手だからなんだな~と思います

友達とカフェで喋ってるみたいでした!

 

【最後に、よろしければ私(褒め屋)の長所を教えて下さい!笑】

・笑顔がかわいい!

・愛らしくて親しみやすい雰囲気

・聞き上手

・がんばり屋さん

・芯がある

・丁寧に仕事をする

褒め屋のほのかさん、たくさん褒めてくれてありがとうございました !

素敵な活動が広がりますように。

 

褒め屋より:自分と向き合い、また他者とも真正面から向き合うあなたの姿勢は、本当に素晴らしいものです。自分にないものに目を向けるのではなく、あるものに目を向けてみてくださいね。

________________________________________________________________________

◎褒め屋(またはカウンセリング)のお申込み、お問い合わせは

facebook 
・Messenger

・twitter:ほのか@褒め屋(@arhonoka)

からお気軽にどうぞ!

 

◎褒め屋について知りたい方↓

褒め屋の説明書

 

褒め屋レビュー:26歳個人事業主(よこけん)さん

褒め屋レビュー第9弾!26歳個人事業主(よこけん)さん

 

【面談やフィードバックの中で印象に残った言葉などはありますか?】

「尊敬しているおじさんをゴールにしている状態。そこを超えることであなたらしさが出てくる」という言葉です。

 

【どんな人に褒め屋を紹介したいですか?】

自分をよくわかってない人が多い。
自分に自信のない人に受けてもらいたいし紹介したい!

 

【今回の率直な感想を教えてください。】

褒め屋として、よりもほのかちゃんという人間を知れたのが嬉しかった!

 

【最後に、よろしければ私(褒め屋)の長所を教えて下さい!笑】

僕と共通点がいくつかあり、とにかく人が好きなんだろうなぁと。
なにより、その若さと、華奢なのに度胸があるところが凄いと思う。

 

 

褒め屋より:今までの人生で常に自分と向き合いながら、どれだけ努力してきたのか痛いほど感じました。

あなたは、確実におじさんを超える人間になりますよ。

今まで頑張ってきた自分を、あのとき認めてほしくて必死になっていた自分を、優しく抱きしめてあげてください。

まだあなたの中で生きているはずです。

 

________________________________________________________________________

◎褒め屋(またはカウンセリング)のお申込み、お問い合わせは

facebook 
・Messenger

・twitter:ほのか@褒め屋(@arhonoka)

からお気軽にどうぞ!

 

◎褒め屋について知りたい方↓

褒め屋の説明書

 

褒め屋レビュー:28歳FPさん

褒め屋レビュー第8弾!28歳FPさん

 

【面談やフィードバックの中で印象に残った言葉はありますか?】

・他者を大切にしたいからこそ、自分の不器用さを痛感してしまうほど純粋に人が好きです。
・あなたが他者への配慮を怠っている、または苦手という認識は間違っています。
ただ人への思いやりの強さから自分への要求が多いだけです。

 

【どんな人に褒め屋を紹介したいですか?】

・長所や強みを見つけたい方
・自己肯定感が低い方
・癒されたい方

 

【今回の率直な感想を教えてください。】

「褒め屋」というキャッチーなネーミングに惹かれ興味本位で体験してみようという感じでしたが、

いざ受けてみると予想以上にしっかりしたサービスで良い意味でびっくりしました!

会話の中で自分の特徴を分析してくれて後日フィードバックしてもらえます。
フィードバックの内容もお世辞で褒めるような薄っぺらい内容ではなく、ちゃんと会話中にとったメモから分析して良く特徴を捉えていました。
短所と思っていた部分が見方によっては長所だったりもするということを客観的に知れて気持ちが楽になりました。

客観的に特徴を分析してくれるものは他にもありますが、それも踏まえた上で褒めてくれるというのは斬新で良いサービスだと思いました!

 

【最後に、よろしければ私(褒め屋)の長所を教えて下さい!笑】

・人の話を聞くのが上手です。こちらが話しやすいように適度に質問してくれます。
・人の特徴を分析するのが上手です。的を得た分析だと感じました。
・行動力があります。やってみようと思った事をすぐ行動に移せるのが素晴らしいです。

 

褒め屋より:こんなにも純粋に人を思いやることができるのは、あなたの立派な強みです。

そんな自分のこと、また周囲の人たちからもあなたが人に対して抱くのと同じように、愛されていることに胸を張ってください。

仕事の仕方や生き方を自分の直感に従って判断していくことで、よりあなたは輝いていけます。

自然体でのあなたの良さを大切に、これからも頑張ってください!

________________________________________________________________________

◎褒め屋(またはカウンセリング)のお申込み、お問い合わせは

facebook 
・Messenger

・twitter:ほのか@褒め屋(@arhonoka)

からお気軽にどうぞ!

 

◎褒め屋について知りたい方↓

褒め屋の説明書

 

褒め屋レビュー:15歳高校生さん

褒め屋レビュー第7弾!15歳高校生さん

 

【印象に残った言葉等はありますか。】

•人を惹きつけるその笑顔は、あなたにしかできないです。

•確かな情熱を胸に秘めています。なかなか燃えつくことはないです。

 

【どんな人に褒め屋を紹介したいですか。】
・なかなか自分に自信が持てない人

・不安な気持ちを抱えている人!

 

【今回の率直な感想を教えてください。】

褒め屋と話すのが楽しすぎて、時間があっという間でした!

フィードバックでは、自分でもあまり気づかないところも褒めてくれるから、すごく嬉しかったです!

 

【最後に、よろしければ私(褒め屋)】の長所を教えてください!笑】

話を聞くのが上手い
共感してくれる
褒めるのがうますぎる!
話しててめちゃくちゃ楽しい

褒め屋より:あなたの純粋さに、周囲の人は勇気や希望をもらっています。
それにあなたは自分のことをこれからもっと知っていく中で、
自分との対話を通じて、ほんとうに自分がやりたいことを素直にやっていける人です。あなたにしかできないその笑顔、これからも沢山見せてください!!
________________________________________________________________________

◎褒め屋(またはカウンセリング)のお申込み、お問い合わせは

facebook 
・Messenger

・twitter:ほのか@褒め屋(@arhonoka)

からお気軽にどうぞ!

 

◎褒め屋について知りたい方↓

褒め屋の説明書