褒め屋を始めた理由②

※この記事は前回の記事の続きです。
先にこちらの記事を読んでみて下さい↓

「褒め屋を始めた理由①」

 

「就活」、当事者にとって人生を振り返る一つの分岐点にもなり得ることも多い。

履歴書を前にして感じる、自分の無力さ、ちっぽけさ。

そこから波を打つように襲ってくる劣等感、焦り、不安、恐怖。

「自分はなんで生きてるんだろう」と考えたり。

ニュースで謳われる「売り手市場」という言葉とは正反対に、企業もできるだけ「優秀な人材」をとろうと必死だ。

 

現に、警察庁のデータによると2017年に「就業失敗」が原因で自殺した10~20代は72人。
前年の2016年は81人だった。増加はしていないものの、依然として就活がきっかけで自殺を選ぶ若者がいることは変わらない事実。
(参考:「平成29年における自殺の状況」)

 

そもそも日本は「自殺大国」で有名な国。
最新の統計情報としては警察庁から出ているデータで2018年の1月から11月の間に自殺した人は約二万人だそう。
(参考:「平成30年の月別自殺者数について)

 

 

大学受験を終えて授業にサークル、バイト、留学であっという間に終わる二年間。
就活が近づき参加してみる、インターンや企業説明会。
大学在学中、先輩たちの「こんなはずじゃなかった」という声を沢山聞きました。

前回の記事で話しましたが、就活生の先輩から受けた相談で「人の長所や魅力を見つけることが得意」という自分のできることに気づかされました。
そこから「日本の自殺者の多さ」や「就活自殺」の現状を見て、「自分に何ができるか」を考えました。

そうして2018年2月にはじめたのが「褒め屋」です。

 

面談と称した90分という時間の中で、自分について改めて考えてもらう。
主観的な「自分」は、直したいところや嫌なところばかり見えてしまうかもしれない。
そんなときこそ、客観的な自分に目を向けてみてほしい。
特に、自分が「できて当たり前」と感じる部分や「たいしたことない」と考えている意識の部分。

面談ではいくつかの質問を通して「人生の振り返り」をしてもらいます。
そこから私は「その人の軸」や「核となる部分」を深堀りして、後日その結果を「フィードバック」としてPDFでお渡しします。

「褒め屋」という名前なら、悩んでいる中でも比較的気軽に利用してもらえるかなと思い、この名前にしました。

 

と、今回は「褒め屋を始めたきっかけ」についてお話しました。
今回のこの記事で、少しでも褒め屋に興味をもってもらえたら嬉しいです。
客観的な「自分の強み・魅力」を知りたい方、誰かと一緒に「自分」について考えてみたい方、純粋に興味を持ってくださった方は私のTwitter4のDMにご連絡いただければと思います。

 

 

◎褒め屋のお申込み、お問い合わせは

facebook
・Messenger

・twitter:ほのか@褒め屋(@arhonoka)のDM

 

からお気軽にどうぞ!

褒め屋の詳細はこちら

◎「褒め屋」の活動紹介記事

褒め屋を始めた理由①

※この「褒め屋を始めた理由」の記事は二部構成です。

 

褒め屋をはじめたきっかけは、大学の先輩の就活相談。

「自分の強みがわからない。普段自分と関わっている人からの意見が欲しい」と言われ、先輩の普段の人との接し方や言葉から感じていたことを紙いっぱいに書いて渡したのが、一番最初の始まりでした。

相談してきたとき、先輩にいつもの明るさはなく、ただただ不安そうな表情でした。

「人からの目線」を意識するきっかけとなった就活で、いろいろなことを考えたんだと思います。

自分の強み、長所、魅力ってなんだろう。

自分が入社したい会社・業界にとって自分はどう役に立つと言えるんだろう

自分は社会に必要な人間だと胸を張って言えるんだろうか

そもそも生きている意味ってなんだろう

 

先輩は、就活をする前から「生き方」についてずっと考えていたみたいです。

でも、結局自分が知りたい答えは出なかった。

周りの人に認められて、高く評価されて、自分でも誇れる「なにか」を探しているうちに、「そんなもの自分にないんじゃないか」と感じ始めていた。

話していくうちに、感情はどんどん高まり、今まで胸の中にため込んでいた不安や葛藤、恐怖心がぶわっと流れ出た。

ずっと誰にも言えなかった。

ただただ平気なふりをして、大学では陽気に振る舞い、みんなを楽しませることに集中していた。自分の悩む姿を見せないよう、友達といるときは悩まなくて済むよう、考えないようにしていた。

でもそれも限界が来ていた。

検索して出てきた自己分析ツールを使っても、結果はいまいちピンとこない。

普段の自分を知らない上に、設定されただけの診断は特別信じられるものではなかった。

そんな不安や葛藤を差し置いて、大学では「就活講座」で不安をより一層煽られる日々。

 

一方私は、よく先輩や同級生、後輩から相談を持ちかけられたり、「話を聞いてほしい」と言われることが多い人間でした。

もとよりその先輩とも同じサークルでよく話すことがあり、たまに深い話ができる仲でもありました。

そんな就活に悩んでいた先輩からの相談は、私自身もいろいろ考えるきっかけをもらった出来事でした。

 

※「褒め屋を始めた理由②」に続きます。

 

◎褒め屋のお申込み、お問い合わせは

facebook
・Messenger

・twitter:ほのか@褒め屋(@arhonoka)

からお気軽にどうぞ!

褒め屋の詳細はこちら

 

 

褒め屋レビュー:22歳女性

22歳女性の方からいただいた、褒め屋の感想です。

 

①面談やフィードバックの中で、印象に残った言葉はありますか。

「心から愛おしく思ってもらえる人」という言葉が印象的でした。

 

②どんな人に「褒め屋」を紹介したいですか。

親友です。

 

③今回の率直な感想を教えてください。

フィードバック、ありがとうございました。

沢山褒められて幸せでした!

これからは自分の強みを生かして生きていきたいです(o^^o)

 

褒め屋より:面談を通して、しなやかなパワフルさと優しさの持ち主なんだなあと感じました。

お話を聞く中で私自身とても元気をもらいました!褒め屋を受けてくださり、ありがとうございました!

 

◎褒め屋のお申込み、お問い合わせは

facebook
・Messenger

・twitter:ほのか@褒め屋(@arhonoka)

からお気軽にどうぞ!

褒め屋の詳細はこちら

褒め屋レビュー:34歳男性

34歳男性の方からいただいた、褒め屋の感想です。

 

①面談やフィードバックの中で、印象に残った言葉はありますか。

「人たらし」な 一面もあると思います。っていうのが意外でした。これから人気が出るのかな?と思えてうれしかったです。(笑)

 

②どんな人に「褒め屋」を紹介したいですか。

どんな人にでも紹介したいです。

 

③今回の率直な感想を教えてください。

やっぱり褒めるプロは違うな~と思いました。完璧にほめちぎっているところがすごいです。自信をもってどんどんやってほしいです。ありがとうございました。

 

褒め屋より:穏やかな人柄で、かつ心の奥には情熱があるように感じました。

個人的には、これから人気出る(信用と注目が集まる)と思います!!

これからが楽しみですね♪

 

 

◎褒め屋のお申込み、お問い合わせは

facebook
・Messenger

・twitter:ほのか@褒め屋(@arhonoka)

からお気軽にどうぞ!

褒め屋の詳細はこちら↓

褒め屋の記事「褒め屋の流れに関して」

【褒め屋のお客さん紹介】三休さん

今回褒め屋を受けてくださったのは、「ママほめサロン」の運営をされている三休さんです。

 

ママほめサロンの説明はこちら

 

三休さんは、Twitterで「ママほめサロン」の活動情報や、主婦の方向けの発信、「ほめる」ことに関して発信されている方です。

また、個人ブログ「人生を楽しくするアイデア集」にて、「ほめる」についての情報や「離婚の危機から幸せ夫婦」、「三休さんのアイデア集」などなど、日々の考えたことや活動情報を発信中!

 

詳しくはこちら!▽

三休さんブログ「人生を楽しくするアイデア集」

Twitter(@39san_bouzu)

 

そして、私のオンラインサロン(これから開始予定)の立ち上げメンバーにもなってくれました。(ありがたい!)

 

そんな三休さんは、初対面からとても印象的でした。笑

zoomで、褒め屋のオンラインサロンについての打ち合わせが初めての機会だったのですが、三休さんは第一声で「後ほどお支払いをするので、今から褒め屋を受けたいです!」とその場で申し込んでくれたんです。

 

褒め屋として活動してきて、こうしたご依頼の流れは初めてで驚きましたが、めちゃくちゃ嬉しかったです。

褒め屋は基本的に雑談ベースで面談を行うので、60分ほどお時間をいただければいつ申し込みをされても問題ない形になっています。

なので、私はさっそくメモを取り始めました。

 

三休さんのお話を聞いていくうちに、「ああ、この人は思慮深い方なんだなあ」と感じました。

ただ、思慮深さの中に行動力も兼ね備えていて、慎重すぎず、ノリだけに任せず、というバランスの良い人だなあという印象です。

 

また活動においても、この活動を行うことでどんな効果、変化を起こせるか?という考えを深堀されていて、ご自身の活動へのこだわりや、意識の底にあるやりがいや情熱を感じました。

「ほめる」という日々の生活であまり意識されない、小さな行動が持つ可能性をどこまでも考え、信じている、とても素敵な方です。

 

ご自身の夫婦生活がきっかけで「ママほめサロン」を立ち上げ、今すごいスピードで活動を加速させている三休さん。

過去の経歴やエピソードも面白くて、また気さくな人柄でつい魅了されました。

今回の褒め屋で、三休さんのことを少しでも知ることができて、素直に嬉しかったです。

きっと、三休さんはこれからますます活躍されていくと思います。この記事を読んで三休さんに興味を持たれた皆さんも、ぜひ三休さんの人柄や考えに触れてみてください。

 

 

そして、今回の褒め屋を受けてみた感想を三休さんがブログにて記事にしてくれました!

実際にお渡ししたフィードバックの内容も記載されています。

またサービスとしての視点からも分析をしてくださっていて、私自身「おお~!」とテンションが上がる内容でしたので、褒め屋について興味のある方はぜひ読んでみてください!

 

三休さんブログ「ほのか@褒め屋さんからいただいたフィードバック」

 

 

◎褒め屋のお申込み、お問い合わせは

facebook
・Messenger

・twitter:ほのか@褒め屋(@arhonoka)

からお気軽にどうぞ!

褒め屋の詳細はこちら↓

褒め屋の記事「褒め屋の流れに関して」

褒め屋レビュー:24歳女性

24歳女性の方からいただいた、褒め屋の感想です。

 

①面談やフィードバックの中で、印象に残った言葉はありますか。

頼ることは相手にも役割を与えていること、そして頼る時は自分が頼られている時の気持ちを想像してみること 

 

②どんな人に「褒め屋」を紹介したいですか。

自分がどんな人かあまり理解出来ていない人や、自己肯定感が低い人におすすめしたいです。

 

③今回の率直な感想を教えてください。

面談をする前は緊張しましたが、ほんわかした雰囲気の中フレンドリーに対応して頂けて安心しました!

また、フィードバックに書かれていることは徐々に自分でも気づけるようになってきた部分でもありますし、それでいいと思っている点でもあるので、伸ばしながら抜くとこは抜くっていうスタイルを形成していけたらなって思いました!

ありがとうございます!

 

褒め屋より冷静に先を見ながら、前向きな姿勢で日々を楽しんでいる姿が印象的でした!

また、愛情深い性格と責任感の強さから、「他者にやさしく、自分に厳しい」傾向があるなあと感じました。

自分自身の弱いなあと感じる部分も、「自分」という人間の立派な一部なので、大切にしていただきたいと思います。

ありがとうございました!

 

 

◎褒め屋のお申込み、お問い合わせは

facebook
・Messenger

・twitter:ほのか@褒め屋(@arhonoka)

からお気軽にどうぞ!

褒め屋の詳細はこちら↓

褒め屋の記事「褒め屋のメニュー表」

【褒め屋のお客さん紹介】癒しストゆちゃぴっぴさん

今回褒め屋を受けてくださったのは、癒しストのゆちゃぴっぴさんという方です。

 

ゆちゃぴっぴさんは、Twitterで「こころが軽くなる考え方」を発信されています。

また、個人ブログ「こころに、ぴーす。」にて、メンタルヘルスについての情報やダイエット情報を発信中。

自身の経験から考えたことや日々の気づきなど、ゆちゃぴっぴさんの頭の中を知れるコンテンツが充実しています。

 

▽詳しくはこちらから

Twitter

ブログ「こころに、ぴーす。」

 

褒め屋の60分のビデオ通話はあっという間に時間が過ぎ、正直話したりないなあと思ってしまうほど、ゆちゃぴっぴさんは初対面の私にもフレンドリーな対応。

いくつかの質問でゆちゃぴっぴさんの人柄やこれまでについて知ることができ、話は何度も脱線したけど、それが楽しくて60分間笑い声が絶えませんでした。笑

ゆちゃぴっぴさんの根底にあるのは

「困ったときはお互い様、だからつらい時はみんなで支え合えばいい」という考え。

そのスタンスが今の活動や行動にも反映されていて、話している言葉に説得力がありました。

軸のある人は言葉がよく響きます。

 

面談を通じて感じたゆちゃぴっぴさんの魅力は、まず「共感力の高さ」です。

自分自身の悩んだ経験から、他者の様子にも敏感に反応し、手を差し伸べることを「当たり前」と感じている。

雰囲気から出る「優しさ」や「温かさ」はそんな彼女の生き方からにじみ出ているんだなあと思いました。

 

そして、「物事を多角的な視点から分析する能力の高さ」です。

客観的な視点に長けているので、ひとつの物事を見て色々な考えや気づきを感じ取ることができる。

日常の生活でも、自分なりのまとまった考えを持って行動されていることがお話から分かりました。

 

また、面談の中で衝撃的なエピソードもお話ししてくれました。笑

それはゆちゃぴっぴさんの元カレさんについて。

その方は、なんと「霊能者」だったそうです。

(霊能者さん自体、身近にいるという話を聞いたことがなかったので新鮮過ぎました。笑)

この元カレさんについても、ブログで記事に挙げていらっしゃるのでぜひご覧ください↓

(占い師に頼ったら大失恋した話)

 

褒め屋をきっかけに、こんな魅力の詰まった彼女と知り合えた、本当に嬉しい出会いでした。

今後もゆちゃぴっぴさんの活動に要注目です…!

 

【プチお知らせ】

今回そんな彼女と、コラボキャスをやることになりました!!!!

 

詳細▽

12/8  14:00~

「褒めキャス!」・・・「褒める」とテーマに毎回ゲストを交えてリスナーさんとフリートークするキャス。
今回は癒しストのゆちゃぴっぴさんとフリートークです♪

※キャス配信終了後、トーク内容をまとめた画像もアップ予定!
「聞きに行けないけど、興味ある!」という方はそちらを見てみてください~

 

 

 

◎ゆちゃぴっぴさんが、「褒め屋」の体験レポートを書いてくださいました!↓

「褒め屋ってどんな感じなんだろう」という方、かなり詳しく書かれているので参考になるかと思います!

ゆちゃぴっぴさんブログ「ほのかさんの「褒め屋」体験してみました!」

 

 

◎褒め屋のお申込み、お問い合わせは

facebook
・Messenger

・twitter:ほのか@褒め屋(@arhonoka)

からお気軽にどうぞ!

褒め屋の詳細はこちら↓

褒め屋の記事「褒め屋の流れに関して」

「比較すること」って結局どうなんだろう。

こんにちは、褒め屋です!

今回は、最近いろいろな方がブログやnoteなどで書いている「比較する」ことについて考えてみました。

 

ある人は「他者と比較することで自分の足りないものがわかる!比べるのはいいこと!」と言い、またある人は「他者ではなく、過去の自分と比較するならいい」と言い、また別の人は「比較すること自体良くない!みんな違ってみんないいの!」と仰ってますね。

 

それぞれの意見をまとめてみると、
・他者と比較することで自分の足りない部分がわかる!
→メリット・・・向上心に燃えているとき、今の自分が補いたい部分を知ることで、自分の成長の糧にできる
デメリット・・・心が弱っているとき、足りない部分ばかり見えて自分の強みが分からなくなる(劣等感に苛まれる危険性)

・過去の自分と比較するならいい!
→メリット・・・以前できなかったところに目を向けることで「成長した自分」を実感できる
デメリット・・・「過去の、輝いていた(と自分が思う)自分」に目が向き、「今の自分」に自信がなくなってしまう

・比較すること自体良くない!
→メリット・・・「自分にないもの」に目を向けずに済むので、劣等感に苛まれることがない(減る)
デメリット・・・「今のまま」でいいという安心感から新しくやりたかったことや挑戦などをしなくなる(可能性)

 

私個人の考えとしては、「自分が前を向ける考え方をその都度選ぶ」のがいいのではないかなと思っています。

どれか一つの答えや考えに固執するのではなく、そのときそのときの自分の状態に合わせて、「今の自分はどの考えだったら前を向けるか?」という視点から考え方を選択するというものです。

そもそも、答えは一つじゃない、という視点がベースにあります。

確かに、例外なく「これはこうだ」と断言できるものって、実際本当に少ない気がします。

ひとつに決めた方が、いざ行動しようと思ったとき楽である(考える手間が省ける)だけで、その考えに縛られる必要は全くなくて。

初めから考え方などを一個に決めるのではなく、「今の自分」に合った価値観をその都度選べたら、きっと自分自身の大きな支えになるのではないでしょうか。

みんな大好き(?)哲学者のアドラーは自身の著書で「答えは与えられるものではなく、自らの手で導くものだ」と書いています。

あくまでも答えを選ぶのはあなた自身で、答えは一つじゃない。

価値観も、考え方も、自分の手で選び直すことができます。

また逆も然りで、自分しかそうした変化を自分に起こすことはできません。

「この人のお陰で自分は変われた!!」という経験も、実際は「この人を見て、自分が自分を変えるんだと決意できた」のであって、その人は行動を起こすきっかけ(材料)であったんだと思います。その人を見て、参考にするかどうかを自分で判断し続けた結果ですからね。

 

なにか行動を起こすそのときに、自分が「これがいい」と思ったものを素直に選んでいけたらいいと思います。

 

と、いうことで、今回は「比較する」についてちょこっと書いてみました。

読んでいただきありがとうございました!

 

 

◎褒め屋(またはカウンセリング)のお申込み、お問い合わせは

facebook 
・Messenger

・twitter:ほのか@褒め屋(@arhonoka)

からお気軽にどうぞ!

 

◎褒め屋について知りたい方↓

褒め屋の説明書

褒め屋レビュー:19歳学生さん

19歳学生さんの声

 

【面談やフィードバックの中で印象に残った言葉はありますか?】

印象に残った言葉は『幼い頃から頑張ってきた自分に「辛かったね、本当によく頑張った。」と言ってあげてください。』です。

「頑張ってきた」という自覚はあまりなかったけど、この言葉を受けて、肩の荷が下りたような感覚がありました。

 

【どんな人に褒め屋を紹介したいですか?】
漠然と不安を抱えている人
悩みすぎて動けなくなる人
自分を見失いそうな人
前に進みたい人

相談したいけど、誰に相談したらいいかわからないし、何を相談したらいいのかもわからなくなってしまいそうな人

褒め屋さんは自己理解の助けになるので、考えがまとまるキッカケになるかも。

悩みすぎる前に、ぜひ褒め屋に訪れてみてください。

 

【今回の率直な感想を教えてください。】

カウンセラーより、ラフな感じでした。
じゃあ、ただの雑談だったのかというとそうではなく、会話の中で、自分が何に辛さを感じているのか理解し、一歩前に進めるような価値観を紹介してくれたと思います。
フィードバックも丁寧で、自分では意識しないような自分の一面に気がつくことが出来ました。

とにかく、素直に楽しかったです。
とても話しやすかった!

 

【最後に、よろしければ私(褒め屋)の長所を教えて下さい!笑】
ただ、出来事に対して褒めて「偉いね」というのではなく、
その人の過ごした時間全体を捉えた上で、考え方、行動したことに対して、的確に評価できる。
これだけちゃんと観察して伝えられる能力は素晴らしいです!

 

褒め屋より:自分に対してとてもストイックな一面があるので、できたことよりできなかったことに目を向けやすいことをご自身で把握しておくと心が軽くなると思います。
今日頑張ったこと、今頑張っていることを意識して、定期的に自分へのご褒美をあげてくださいね!

________________________________________________________________________

◎褒め屋(またはカウンセリング)のお申込み、お問い合わせは

facebook 
・Messenger

・twitter:ほのか@褒め屋(@arhonoka)

からお気軽にどうぞ!

 

◎褒め屋について知りたい方↓

褒め屋の説明書

 

自己紹介(ただの大学生が褒め屋になるまで)

最近新しい出会いが徐々に増えてきているので、改めて自己紹介をしていきたいと思います。

始める前に言っておきますが、褒め屋を始めるまではあまり胸を張れる生き方はできていません。。。汗

簡潔にまとめるとこんな感じです。

 

・1998年2月生まれ(今年21歳になる年です)

・小学校3年からいじめが始まる(高3まで続く)

・中学→部活で始めた卓球に夢中になる。3年の夏に全国出場(団体)

・高校→卓球と英語に熱中

・2016年:大学入る↓

サークルに入りまくる(いじめられたくなかった+仲間欲しい。笑)

ブラックバイト、宗教勧誘(勧誘者の家まで行った)を経験
ストーカー被害に遭い、保護施設に入所

・復学後、生きる意味が本格的にわからなくなる
貧乏なことから、水商売をする→向かず半年でやめる

・文章を書く仕事したい→ブログを始める

大学の先輩からの就活相談がきっかけで、褒め屋を始める

2018年5月褒め屋を始めて約2か月後、大学休学を決める

→褒め屋の活動に専念

 

ざっくりこんな感じです。笑

 

過去のいじめについては長くなるからあとで他の記事に書きます。

そんな中でも卓球部での中高六年間は私の青春でした。

特に高校では大切な仲間ができて、今でも連絡を取り合う仲です。

 

ストーカーに関してはもうそのままです。
いつの間にか家やバイト先に待ち伏せされるようになり、家に帰れなくなって友達の家を転々としていました。
それでもどうにもならなくなってしまい、親に助けを求めました。
保護施設では自己嫌悪の毎日で、「大学では勉強も人間関係もバイトもインターンも頑張ると決めていたのに、、、」と落ち込みまくってました。
ストーカーは過去に婦女暴行で服役した前科者だったので、安全を第一に考えて保護施設にお世話になりました。

 

復学後は勉強とバイトに明け暮れていました。
引っ越ししたこともありお金がない&家族に仕送りしたいということで、友人が紹介してくれたガールズバーで働きました。
「お店の売り上げのために、お客さんに媚を売らなければいけない」とか「セクハラも耐えないとやっていけない」と、変に真面目な性格&無意識に自分のキャパを超えることをしていたので、あっという間に心身共に疲れ、半年でやめました。

 

その後、「水商売を親に内緒でしていた自分」というマイナスなイメージを自分に張り付け、自己嫌悪に陥る日々が続きました。
そんな私を見ていた知人からブログを勧められていざ始めてみると、もともと文章を書くことが好きだったこともありすぐにハマりました。
それから先輩の就活相談がきっかけで「褒め屋」をやってみようと思い、無料モニターを募集してアドバイスをもらいながら仕事として確立していった、という流れです。

そして今年5月には今の旦那さんと出会いまして、翌日婚約、8月に入籍し発信の幅を広げている最中です。
来年には愛する我が子も生まれてきてくれる予定です。

 

自己紹介はこんな感じで終えたいと思います。
最近は毎日いろんなことを考えながらパソコンをカチャカチャするのが楽しくて、またlive配信を始めたりしています。
今後精神疾患などからくる「生きづらさ」をなくす手助けをするカウンセリングもやっていきたいので、経験を積みながら同時進行で勉強中です。

ご意見、お問い合わせなどがございましたらコメント欄、またはTwitterのリプ、DMへご連絡ください。

ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

 

◎褒め屋(またはカウンセリング)のお申込み、お問い合わせは

facebook 
・Messenger

・twitter:ほのか@褒め屋(@arhonoka)

からお気軽にどうぞ!

 

◎褒め屋について知りたい方↓

褒め屋の説明書